ねずみの種類を知って駆除方法を考えよう

日本の家屋に住み着く可能性があるねずみは3種類あります。

一番小さくて見た目がかわいいのがハツカネズミです。ハムスターにも似ているのでペットにもなりそうな感じですが、残りの2種類はかなりサイズが大きくなります。1つはクマネズミで体長は約14~24cmあり、一つドブネズミで体長は約18~28cmもあります。

さすがに30sm近くもあるねずみを発見すれば、多くの人が気持ちが悪いと感じることでしょう。これらのねずみはサイズが異なるだけでなく、性格や習性も異なりますので、ネズミ駆除するときはその習性に合わせた方法を考えていく必要があります。そのため一口にねずみ駆除といっても、まずどのようなねずみが住み着いているのかを知らなければなりません。見分ける方法としては、姿を見ることができたらわかりやすいですが、糞で見分けることもできます。また生息場所にも特徴があります。

ドブネズミはその名の通りドブなどの湿った場所を好みます。家の中であれば、下水や台所、地下、ゴミ捨て場などです。逆にクマネズミは乾燥した高いところを好みます。そのためビルや天井裏などによくいます。ハツカネズミは狭い場所を好むので物置や押し入れ、また自然環境に近い建物にも良く住み着きます。この3種類の中で警戒心が強いのがクマネズミで、駆除道具をセッティングしても簡単には近づいてこないことが多いです。また学習能力も高いために、一度成功しても2度目も成功するとは限りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です