蝙蝠駆除のやり方と専門業者に依頼すべき場合について

田舎に限らず、都会でも以外と被害が多いのが蝙蝠(こうもり)です。

大型の倉庫に限らず、一般住宅でも蝙蝠の被害は少なくありません。

蝙蝠は夜行性で日中暗い場所を好むため、シャッターの収納箱などに入り込み、糞でその中を汚してしまいます。

また、屋根裏など屋内に忍び込んだ場合には糞の汚れだけでなく、蝙蝠の身体にはノミやダニが寄生しているため人間の身体に害を及ぼす危険もあります。このように、人間に害を及ぼす蝙蝠は一刻も早く駆除するのが望ましいです。

自分で行う蝙蝠駆除の方法ですが、すでに蝙蝠が住み着いてしまっている場合にはその蝙蝠を追い出す必要があります。

蝙蝠を追い出すには市販の蝙蝠駆除スプレーを使用するのが最も簡単な方法です。このスプレーはホームセンターにも売っていますし、近くのお店に売っていない場合には通信販売で簡単に手に入れることができます。

使い方は蝙蝠が住み着いている場所に吹き付けるだけなのでとても簡単です。蝙蝠が嫌う成分が含まれているため、追い出すだけでなく同じ場所に戻ってくることも防ぐことができます。スプレーを使用したら次に行いたいのが、蝙蝠が侵入してくる入り口を塞ぐことです。蝙蝠は身体が小さいので小さな隙間でも簡単に入り込んでしまいます。

シャッター収納箱に隙間が空いているならテープやネットを使うなどして隙間を出来る限り塞ぎましょう。

屋根裏に蝙蝠が住み着いてしまっている場合など、高所での作業が必要な場合には、危険ですので専門業者に依頼するのがおすすめです。また、蝙蝠が住み着いているのはわかっているが具体的にどこに住み着いているのかはわからないような場合も、自分で蝙蝠駆除を行うよりも専門業者に依頼すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です