野良猫撃退方法について

猫は可愛らしいですが、野良猫だと家庭菜園を荒らしてしまう、糞をしてしまうなどの被害が出てきてしまいます。

そんな野良猫を撃退するためには猫の習性を知っておくことが必要です。猫は範囲50〜100メートル程度を行動範囲としており、このエリア内で食事やトイレ、他の猫との社交や寝床などを決めています。

その場所の柔らかさなどを気に入ってトイレにしているのではなく、その場所をトイレと決めているから糞をするという傾向があります。

このような習性を踏まえて野良猫撃退を行っていく必要があります。効果的な野良猫撃退の方法としては、侵入を完全に防止するか、この場所は嫌な場所であると学習させることが必要になってきます。

犬でも猫でもしつけの基本は、悪いことをするたびに叱って、理解するまで繰り返すことが重要です。完全に侵入を防止するのが難しいという時の野良猫撃退方としては、学習させていくことが必要ですが、最近では猫よけアイテムも様々なものが販売されています。遠赤外線センサーで猫を感知したら、超音波とLEDライトをフラッシュさせることで猫を追い払う猫よけはソーラー充電式のものが販売されています。

ライトがない超音波だけを発するものも販売されており、その他、猫の嫌がる臭いのする薬剤なども猫よけとして有効です。様々なものがありますが、どのような方法でも置き場所などをよく検討し、効果的場所に置いて定期的に品を変えることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です