こうもり撃退法を学ぼう

日本で見られるこうもりは正式名称を「アブラコウモリ」といい、家屋の天井裏や高速道路の橋脚など人為的な建造物の影にも生息します。

胴は4~6cm前後で、体重は5~10gと非常に小型であるため2cmほどの隙間があれば用意に侵入することができます。

そのため、天井裏や雨戸の戸袋などに侵入して棲みつきます。こうもり撃退法の前に知っておきたいのが、こうもりは鳥獣保護法という法律によって捕獲したり殺傷することは禁止されています。

そのため、私たち民間人が可能なこうもり撃退法は「追い払う」の一点のみであることを覚えておきましょう。

こうもり撃退法で最もポピュラーな方法は、こうもり用の忌避剤を使用する方法です。天井裏など侵入している箇所に忌避スプレーやジェルタイプのものを噴霧・設置します。

こうもりは夜行性なので、夕方から夜間にかけて行うと良いでしょう。

こうもりを追い払ったら、侵入口となる箇所をパテや金網などでひとつずつ塞いでいきます。一度追い払うことに成功しても、しばらくしたら戻ってくる可能性があるためしばらくは忌避剤の塗布を忘れないようにしましょう。

7~8月には繁殖期を迎え、子どもを産んで巣から動かなくなるため、こうもりが生息していることに気付いたら早めに追い払うようにしましょう。

特に、7~8月になる前に追い払う必要があります。また、こうもりの習性として密閉された空間を好み、光や風が入ることを嫌います。

追い払うことに成功したあとも、定期的に天井裏の窓を開けたり、雨戸やガレージの窓を開けるなど、光を入れてこうもりが嫌がる環境作りをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です