自分でこうもり撃退をしよう

暗い夜にバサバサと音をたててやって来るこうもり。

血を吸うイメージをもたれがちですが、実際に人間の血を吸うこうもりは南米に生息するナミチスイコウモリだけで、日本には生息していません。

また日本に生息するアブラコウモリは家にいる蛾や虫を食べてくれるので益獣に指定されています。ですがもしこうもりの体には病原菌がたくさんついていますので衛生的に心配ですし、屋根裏に住み着いてしまったら糞などの悪臭も問題です。そんなことにならないように、こうもり撃退についてまとめてみました。まずは忌避剤を使って屋根裏などにいるこうもりを追い出します。

こうもりの嫌いな臭いや刺激物で追い出すわけですが、スプレータイプは特に時間がたってしまったり雨が降ると効果がでづらくなるので定期的に巻いてください。少し長持ちするジェルタイプもあります。

忌避剤スプレーで追い出した後は、こうもりの出入り口になっている隙間を、一つずつバテや金網で塞ぎます。

そうすることで侵入できなくなります。こうもりは小さいので1.5センチの隙間があれば出入りしてしまいます。

注意深く隙間を埋めてください。夕暮れから夜間にかけて行動する個体が多いのでその間に作業をするのがおすすめです。

ただし、繁殖期である7月から8月までは、追い払うことが困難になります。それ以外の時期にこうもり撃退をしましょう。上で述べたようにこうもりは益獣に指定されているので無断で捕まえたり殺処分することはできません。

ですが追い出すことはできます。自分の体や家族の為にもこうもりが家に住み着いてしまわないようにこうもり撃退をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です