追い出して侵入を防ぐこうもり対策

こうもりは1日に500匹以上の害虫を食べる益獣の面もあるため、鳥獣保護法の対象です。

捕獲したり殺すことは禁じられているので、こうもり対策は棲みついた屋根裏や軒下から追い出して、侵入してくるのを防ぐのです。こうもりはすき間が多い日本家屋に好んで棲みつきます。わずかなすき間から、温かく雨風をしのげる安全な軒下や屋根裏などに侵入するのです。

こうもりの糞には細菌や寄生虫がいっぱい。棲みつかれたまま、放置しておくと糞の悪臭や害虫も呼び寄せてしまうのです。こうもりの侵入に気がついたら早めにこうもり対策をおこないましょう。家に棲みついたこうもりを追い出すのは、こうもりが巣から出る夕方からおこなうのが効果的。追い出して、戻ってくる前に侵入口を塞いでしまうのです。

こうもりを追い出すのに速攻で効果があるのは、こうもりが嫌うハッカの匂いがする忌避スプレーです。吹き付けると、こうもりは慌てて飛び出していくので、効果が持続している4~6時間の間に侵入口を塞ぐのです。こうもりを全て追い払うことが出来たら、侵入経路を塞ぎます。

ガムテープなので塞ぐこともできますが、通風口の侵入を防ぐ場合には金網やネット、すき間はパテなどを使って埋めるのが良いでしょう。こうもり対策は、こうもりが近寄らない環境にすることも大切です。こうもりが好んで民家の軒下に棲みつくのは、エサになる虫が沢山いるためです。水のたまった容器やゴミ箱などがあれば片付けておきましょう。

こうもりは超音波を出して障害物を確認しながら飛んでいるため、光を反射するものを嫌って避けるのです。軒下に、DVDやCDなど吊しておくと近寄らなくなると言われます。ジェルタイプの忌避剤も合わせて、こうもり対策に吊しておくのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です