ハクビシン忌避剤はウルフピー

ハクビシンとは白鼻芯と書き、字の通り鼻から頬や耳元にかけて白いラインが特徴のジャコウネコ科の動物で、主に東南アジアから中国を中心に生息しています。

日本にいるハクビシンは在来種か外来種が意見が分かれるところですが、一応鳥獣保護法の対象となっています。

そのため、個人で勝手に捕獲、殺処分すると法に触れてしまう可能性がありますので、自治体の許可を取りましょう。また、農作物や生活被害がある個体に限り駆除対処となる場合もあります。

捕獲が無理であれば、ハクビシン忌避剤でお引き取り頂くのが一番の方法です。

昨今住宅地の出没件数が増えており天井などのわずかな隙間からも侵入し、糞尿をしたり、農作物などを荒らすなどの被害が出ています。非常に運動神経の良い動物で、フェンスなどは軽く超えてしまいますので、電気柵などと併用すると良いでしょう。

害虫用の燻煙剤なども追い出しが可能ですので、追い出せたらすぐに侵入経路を絶つのが得策です。

まずは民家や畑に近づかせない、人との住み分けを目的として使うハクビシン忌避剤としては100パーセントのウルフピーが効果的です。

フェンスや電気柵の取り付けは女性やお年を召した方には大掛かりすぎますが、これは専用の容器に入れて、いくつか設置するだけでいいので、非常に簡単です。減ったら足せばよいのです。哺乳類の天敵に対してとる行動は脳内の神経回路によって行われているため、本能的に天敵の匂いに慣れるということはありませんので、効かなくなることがありません。

ハクビシン忌避剤としてだけでなく、キツネ、狸、クマ、シカ、猪などにも有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です