安全に配慮して行うこうもり対策

昼間は寝ていて姿を見せないため、棲みつかれていることに築かない場合もありますが、軒下やベランダなどに黒く細長い糞がたくさん落ちている場合、ねずみなどではなく、こうもりの可能性があります。

夕方から夜にかけて餌探しに飛び立つので、様子を観察し特定することができます。人を襲ってくることはほとんどありませんが、勢いよく飛び立っていくためびっくりすることがあるかもしれません。糞は何度掃除しても待たされてしまいますし、こうもり対策を行って追い払うようにしましょう。

超音波や燻煙なども効果的ですが、巣を作った場所を明るく照らして居心地の悪い場所にしてしまうのも一つの方法です。出入り口がわかっているなら、すべて飛び立った後に塞いでしまう方法もあります。このとき、棲みついていた場所の掃除も行ったほうが良いですから、夕方勝手に飛び立っていくのを待つと夜の作業になってしまうので、昼間に燻煙などを使って追い出す方法をとるとよいでしょう。

こうもり対策はいくつか方法がありますが、棲みつく場所が屋根裏など高い場所のことが多いので、自分で作業を行うときはしっかりと安全を確保して行う必要があります。家が古い場合、思わぬところが破損する場合もありますから、追い出す装置を設置する際も注意が必要です。

とても小さな隙間からも出入りするため、1cm程度の穴も見逃さずにこうもり対策を行わなければなりません。場所によって数匹で済まない場合もあるのでよく調査してから行う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です