ハクビシン忌避剤の効果

ハクビシン被害にあったいる人は意外と多く、夜行性のため屋根裏でドタドタと動きまわる騒音で、眠れないといったものや、糞尿被害、糞尿などから発生したハエやウジ、ノミ、ダニなどの害虫被害、衛生面における被害、農作物被害などさまざまな問題があるため、ハクビシン対策が必要となります。

こういったハクビシン対策として効果的なものが、ハクビシン忌避剤です。ハクビシン忌避剤というのは、ニンニクや石油系のにおいを嫌うというハクビシンの特性をいかして、寄せ付けなくする方法です。

ハクビシンは、運動神経が非常に高く、垂直移動ができるため、屋根などに隙間があれば、そこから屋根裏や天井裏に侵入して住み続けてしまいます。

そのまま放置してしまうと、家の骨格にもダメージを与えることにもなりますから、早期に対策をとることが大切です。

ハクビシンを駆除するためには、ハクビシンの生態や特性を理解して、適切な対策をとることが大切です。

ハクビシンが嫌がるものは、天敵のにおいやハクビシン忌避剤、威嚇音、超音波などで、こういったものを利用して家に寄せ付けないようにすることが大切です。
ただ、忌避剤などのにおいは、いずれ消えてしまいますから、定期的に同じ作業をくり返すことで、ハクビシンが近寄らなくなります。行動範囲が広く、年中繁殖が可能ですから、放置すると個体数が増えてしまい、被害が拡大してしまいますから、できるだけ早く対策をとることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です