効果的なこうもり撃退法

こうもりというのは、ゴキブリや蛾、蜘蛛などを食べるため、鳥獣保護法で益獣として考えられています。

そのため、捕獲や殺処分を行うには、国や都道府県の許可が必要となりますから、勝手に駆除することはできません。

そのため、こうもり撃退法としては、追い出すことが基本となります。現状で天井裏などにこうもりが住み着いているという場合には、こうもり撃退スプレーやジェルをつかうことで追い出すことができます。

ただ、こういった方法は一時的な効果しか期待できず、数時間たつとまたこうもりが戻ってきてしまいますから、何度も噴射する必要があります。

そのほかに効果的なこうもり撃退法としては、超音波機器や燻煙剤があります。

こうもりというのは、超音波を発生して自分の位置を確認しています。これを利用して超音波でこうもりの感覚を狂わせることで、寄せ付けなくさせることができます。

また、燻煙剤を使用することで、屋根裏などからこうもりを追い出すことができます。ただ、どの方法にしても、侵入口をきちんと塞いでおかないとふたたびこうもりが侵入してしまい、被害が広がってしまいますから、追い出した後には、きちんと侵入口を塞ぐことが大事です。

住宅に侵入するアブラコウモリは、体長が5センチ程度、体重が10g程度の小さな体をしているため、わずか1センチ程度の隙間からでも侵入することができますから、慎重に侵入口を探す必要があります。もし、個人で発見できない場合には、専門の駆除業者に依頼した方がよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です