ハクビシン忌避剤で追い出し侵入を防ぐハクビシン対策

ハクビシンは鼻にある白いラインが特徴の、日本に唯一生息しているジャコウネコ科の動物です。

電線を伝い、壁を上るなど身体能力が非常に高いことが特徴です。甘い果物を好み、果樹などの農作物にも被害を与えます。

住居の屋根裏に侵入して巣を作り、糞尿による悪臭や汚染被害をもたらすのです。ハクビシンは鳥獣保護法の対象なので、許可無く捕獲することはできないのです。

ハクビシンの被害が深刻な場合、捕獲するには自治体の許可が要り、自分で捕獲することが困難な場合には専門の業者に依頼する必要があるのです。自分でハクビシン対策を行うときは嗅覚が優れているため、嫌いな臭いで追い払うハクビシン忌避剤の使用は効果的です。

学習能力が高い動物なので、嫌な思いをした場所は忘れないのです。ハクビシンは、ニンニクや石油系、木酢液などの刺激が強い臭いを嫌います。

また天敵の動物の尿を原材料にしたアニマルピーも有効です。設置場所は天井裏に侵入している場合は、侵入口から遠い位置に設置します。出口に徐々に追い出すように、設置するのです。出入り口が複数ある場合には、真ん中に置きましょう。

住居への侵入を防ぐ場合には、家を囲むようにハクビシン忌避剤を設置するのです。

ハクビシンには電気柵の設置も効果が高く、青色LEDのストロボを当てると逃げ出すといわれます。家の周囲に木がある場合は、枝をつたって侵入されないように枝を剪定しておきましょう。

ハクビシン忌避剤と侵入防止の有効な方法を、組み合わせて対策することで効果を高めることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です