困っている害獣対策にハクビシン忌避剤

最近、動物が住む山などが宅地開発され、住む場所が減ってきたということも有り、住宅地などに動物たちがエサを求めてやってくるということが増えています。

ハクビシンもその一種で、都会であっても被害の報告があるほどです。

生ごみをあさったり、庭で飼っている金魚などが襲われたり、糞尿の被害に悩まされる人も多くいます。しかし、ハクビシンは鳥獣保護法で保護されており、勝手に処分したり捕獲してはいけないことになっています。

そこで被害を最小限に抑えるために、ハクビシン忌避剤が効果的と言われているのです。ハクビシン忌避剤に使用されているのは、苦手な臭いを利用した嗅覚忌避剤が多くあります。

石油系やニンニクの臭いは苦手とされており、また酢液なども苦手と言われています。小さな子どもなどがいる家庭などは、なるべく天然由来成分のハクビシン忌避剤を利用するといいでしょう。

ハクビシン忌避剤には、液体タイプ・固形タイプ・粒剤タイプなどがあります。

液体タイプは屋外用であり、室内では利用できません。屋内で使用したい場合は、固形タイプが便利です。ただし床にそのまま置くと、成分が染み出して汚れとなって付着してしまいます。

お皿の上において使用しましょう。

粒剤タイプは、広い庭や畑といった場所に撒くのに便利です。室内でも使用は出来ますが、臭いがきつめとなっているので、臭い移りが心配なものを置いていたり、体調が悪い場合は避けた方がいいでしょう。ハクビシンは積極的な駆除が出来ないために、いかに近寄らせないかがポイントとなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です