こうもり撃退を駆除業者に依頼する

都市部で夕方になるとよく見かけることができるこうもりはアブラコウモリと呼ばれる種類で、住宅の屋根裏などを棲み家にしています。

夜行性で昼間は巣で休み夕方から夜間にかけて飛び回る修正があります。

蚊のどの小型昆虫を主食としており、稲の害虫であるウンカなども捕食するため益獣としての側面も有しています。

しかし住宅の屋根裏などに侵入して大量の糞尿を撒き散らしたり、夜間の騒音被害をもたらすので早めに対処することが必要です。

個人でこうもり撃退を行う余裕がない場合には駆除業者に依頼することも考えられます。

こうもりは50頭から60頭ほどの集団を形成しているのが通常ですが、多い場合には100頭を超えることもあります。鳥獣保護法で保護されているので、許可を得なければ捕獲することはできません。

またこうもりは病原菌を保有しているのが通常なので、直接触れると感染する可能性があります。こうもり撃退方法としては捕獲ではなく追い出し作業を中心に行います。

専門の駆除業者では必要があれば法律に基づく許可を得て捕獲作業を行いますが、こうもり撃退の基本的な方法としては追い出し作業が行われています。確実にこうもり撃退を行うには追い出し作業だけでなく侵入口の封鎖も重要です。

古い住宅などでは侵入口となる隙間が多数存在する場合があります。こうもりはわずかな隙間があれば侵入してきます。侵入口の確実な封鎖には経験と技術が必要になるので、専門の駆除業者に任せると効率的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です